バストアップの為の冷え性の改善法~東京のバストアップサロン~

query_builder 2021/04/23
ブログ

前回の記事で冷え性はバストアップの妨げになること。

さらに冷え性にはタイプが4種類あることをご紹介させていただきました。


前回の記事はこちら


冷えはバストアップに大切な血流が悪くなってしまいますので、

今回は冷え性の改善方法をご紹介していきます。


冷え性の改善法

①湯船につかる

冷えを感じやすい方の多くがシャワーだけで済ましています。

夏場など暑い時期は手軽にシャワーだけで済ませたいという方も

多いのですが、意外とクーラーや外気と屋内の寒暖差で内臓が冷えたり

疲れ切っている場合があります。


可能であれば毎日・難しい方は3日に1回お風呂につかってみたり

足湯だけでも作って浸かる時間を作ってみましょう

②冷たい飲み物や食べ物を避ける

暑い日にキンキンに冷えた飲み物やアルコール・ジュース・・


飲みたくなりますが冷え性の改善の為に冷たい飲み物は避けるのがベスト!


普段から氷入りのドリンクを飲む方は氷を抜くようにしたり

冷えた飲み物でなく常温のものを飲むようにしましょう。


また身体を冷やす食べ物にも注意しましょう。

特に夏場が旬の夏野菜は身体を冷やしやすい食べ物。

今は季節関係なく食べられますが食べるときは野菜の種類を

意識して食べるようにしましょう。


また、コーヒーや緑茶・お砂糖なども身体を冷やすので

ジュースやコーヒー、カフェラテなど飲まれる方はホットを選んでいても注意です。



※画像 東海道薬局HPより引用

③糖質制限しすぎない

糖質を抜いた食生活も体温が下がる原因となります。


身体の熱エネルギーを作り出すために、糖質が必要になるからです。

炭水化物や糖質を含む食べ物を極端に避けることで冷えが悪化したり

体調不良や身体のハリ感がすくなくなったという意見もあります。



ダイエット中でも少量の糖質を取るように意識しましょう。

④運動する

運動も体温を上げるためにお勧めです。


筋肉量をふやすことで冷え改善につながります。

特に身体の大きな筋肉となる太ももを動かせる「スクワット」などがオススメ。


さらにふくらはぎは末端の血液を心臓に戻すポンプ作用の働きをします。

足元が冷えやすい方は足首や足の指を回したり動かすことも良いです。


また、筋トレだけでなく有酸素運動もお勧めです。

エスカレーターをやめて階段を歩いたり、いつもより早く歩いてみる

などの工夫で運動量を上げることができます。

タイプ別冷え性改善法

手足が冷えやすい末端冷え性

暖かいカイロやヒートテックは身体の表面を温めるため一時的な改善となるため、

体内で熱を作り出せるように食事で改善していくと良いです。


栄養バランスよくとりダイエットなどは控えしっかり食べることがオススメです。

また、鉄分不足の方も多いため鉄分サプリや鉄分を含む食材をとりましょう。



サロンで販売している足元を温める育乳ソックス(着圧ソックス)も

体内から温めることが出来るのでお勧めです。

下半身の冷えを感じる冷え性

下半身が冷えるタイプは座り仕事が多くお尻やふくらはぎの筋肉が

硬直してしまっている方が多いためストレッチがオススメです。


お尻の筋肉をほぐすようなストレッチを取り入れると良いでしょう。

内蔵型冷え性

内臓が冷えやすい方は、内臓を温めてあげるような飲み物や食事がオススメです。


朝や日中に白湯を飲んだり、食事の際は暖かい汁物からとるように

することで、内臓の機能を高めてあげましょう。


また、汗をかきやすいことも多いので、通気性の良い衣類で過ごすと良いでしょう。


まとめ

以上バストアップのための冷え性改善でした。


普段の生活習慣を見直したり、冷えやすい箇所ごとの対策を

することで徐々に冷え性は改善しやすくなります。


何よりも継続が大切なので毎日コツコツと冷え性改善に取り組むと良いでしょう。

NEW

  • 池袋のバストアップサロン【女性の◯◯割はバストの悩みがある】

    query_builder 2022/01/18
  • 池袋のバストアップサロンで口コミ高評価のエステはコチラ☆

    query_builder 2021/09/14
  • 池袋のバストアップサロンでモニター様を募集しております!

    query_builder 2021/09/11
  • 育乳するならまずはこのブログを読んで欲しい!

    query_builder 2021/09/07
  • 育乳を成功させるコツをご紹介します

    query_builder 2021/09/04

CATEGORY

ARCHIVE